スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
飼い主様問い合わせ【犬が食べていけないもの】
2009 / 05 / 27 ( Wed )
飼い主様から犬が食べてはいけないものを教えてくださいと
問い合わせがあったのでまとめてみました。
[犬ブログ] ブログ村キーワード

皆さんご存じのように人間と犬の成長は違います。愛犬に関する予備知識です。覚えておくと便利ですよ。人間は普通に食べているものでも犬にとっては中毒をおこしたり、体調を崩す原因になるものがありますので、手作りフードを与えている愛犬家様はご注意下さい。

--------------------------------------------------------------------------------
◇犬の食べてはいけないものについて
●ネギ ●タマネギ(犬NO食材) ●ニンニク ●ニラ
毒性の強い有機硫黄化合物が含まれています。加熱しても毒性は消えません。
長ネギ、タマネギなどのネギ類には、犬や猫の血液中の赤血球を破壊するアリルプロピルジスルファイドという成分が含まれています。 ネギ属の成分が赤血球中のヘモグロビンを変化させ、最終的に赤血球を破壊するからです。症状は、貧血でぐったりして呼吸が荒くなります。又、嘔吐・下痢・血色素尿・黄疸・肝臓肥大などをおこします。
ハンバーグ、シューマイ、肉じゃが、みそ汁やシチューなど、ネギ類の入った料理の残りなどは、犬や猫に与えないでください。
多少食べても平気な子もいます。基本的には与えないに越した事はないでしょう。
また、ナス、ジャガイモ、トマト、ピーマン、インゲンマメ、アスパラガスはアルカロイドが毒性を示すことがあるので大量に摂取しない方がよいでしょう。

--------------------------------------------------------------------------------

●海老 ●タコ ●イカ ●くらげ 
消化が悪いので、嘔吐をする場合があります。
ビタミンB1を壊し、神経がおかしくなり、腰を抜かしたような状態になってしまうそうです。 切って血の出ないものは、あまり良くないと言われています。消化不良を起こす恐れがあります。豆類はのどに詰まらせる場合もあります。

--------------------------------------------------------------------------------

●竹の子 ●椎茸 ●コンニャク
下痢の原因になる場合があります。消化不良を起こす恐れがあります。豆類はのどに詰まらせる場合もあります。

--------------------------------------------------------------------------------

●牛乳
犬によっては下痢を引き起こす場合があります。ラクターゼという酵素がないと分解できない乳糖が含まれていて、多くの犬にはラクターゼが充分ないため、与えると下痢をする子が多いです。個体差がありますが、特に犬にはその酵素が充分にないため軟便・下痢を引き起こしやすいようです。また、離乳後の子犬・子猫は牛乳を消化しにくくなっています。

--------------------------------------------------------------------------------

●生卵(卵白)
生卵中のアビジンはビタミンのバランスが崩れやすく、イヌ・ネコの下痢の原因になります。卵白には皮膚炎、食欲不振、疲労といった症状の原因になりうる、アビジンというたんぱく質の成分が含まれています。与える場合は充分に加熱しましょう。

--------------------------------------------------------------------------------

●大豆
小型犬や子犬は喉に詰まらせる危険があります。トリプシンインヒビターという成分が内臓に負担をかけます。粉状のものは大丈夫です。

--------------------------------------------------------------------------------

●生の豚肉 ●ハム(犬NO食材) ●ソーセージ(犬NO食材) 
生の豚肉は、伝染病のトキソプラズマと言う原虫がいる恐れがあり 免疫力が低下しているときに感染すると、下痢などの消化器症状,筋肉の脱力,呼吸困難などがみられるようです。必ず加熱しましょう。
また、ハム・ソーセージは犬にとって塩分が多すぎ、心臓や腎臓に負担をかけてしまいます。与えないようにしましょう。

--------------------------------------------------------------------------------

●チョコレート(犬NO食材) ●ココア 
チョコレート中毒といわれるものです。
原料のカカオに含まれるテオブロミン成分に反応し、多量に接種すると中毒になります。
また、シュウ酸が多く含まれているため、シュウ酸カルシウム尿石の原因にもなります。
ココアなどでも要注意です。チョコレートを食べると急性心不全を起して死亡するケースもあります。どのくらいの量が危険かというと個体によって違いますので一概には言えませんので、食べさせないことが大切です。

--------------------------------------------------------------------------------

●鶏の骨
鶏肉の骨は牛肉の骨などよりやわらかいので噛み砕いたときにとがったりして、消化器官に刺さる危険があります。特に加熱した骨は、犬ののどや消化器に突き刺さる可能性が高いです。生の骨なら大丈夫だといわれていますが、心配な方は控えたほうが良いでしょう。

--------------------------------------------------------------------------------

●香辛料
刺激物なので、胃を刺激して肝臓や腎臓に悪影響があります。コショウ・トウガラシ・ワサビ・カラシなどの香辛料は、胃腸を刺激して肝臓に負担をかけ、下痢になることがあります。

--------------------------------------------------------------------------------

●ぶどう ●レーズン
ブドウも下痢や嘔吐の原因になる場合があります。レーズンもダメです。海外では死亡例も出ていますので、なるべく避けたほうがいいようです。

--------------------------------------------------------------------------------

●生 魚
魚も骨の太い魚は骨に気をつけてください。魚の種類によっては、ビタミンやミネラルの含有量が大きく異なっているので、一種類だけを与え続けると栄養のバランスを崩す恐れがあります。加熱調理が必要です。

--------------------------------------------------------------------------------

●カフェインを含む物(犬NO食材)
中枢神経や心臓に対する興奮作用が高く、大量に接種すると死に至ることもあります。コーヒーや緑茶、コーラなど心臓や神経系に異常をきたす可能性あります。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////
飼い主様とワンちゃんを繋ぎます。室内犬・子犬専門店おうちだワン
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////

ランキングぽちっとして頂けると嬉しいです。
★おはようだワン

★こんにちだワン
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ペットショップへ
★こんばんだワン
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

11 : 42 : 46 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<シーズーブリーダーサイトリニューアル | ホーム | ミニピンの子犬産まれています。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://ouchidawan.blog40.fc2.com/tb.php/57-06f228ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。