スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
犬の歴史
2009 / 05 / 11 ( Mon )
だいぶネットショップを始めてから経過するな~

そんな事を考えた今日この頃です。

みんな人それぞれの道がありその道を進むしかないんでしょうね。

仕事を変えたり・・・。 変えなかったり・・・。

新しいことをやる時には、自分の歩んできた道を再度見直す必要がありますね。

よくよく考えて仕事はしていきましょう!

やめるのは何時でもできます。続ける事が肝要ではないかと・・・。

そうそう

私たちと犬の歴史はどうなっているのでしょうか?

ご存じの方も多いと思いますが再確認(●^o^●)

犬の祖先はいつ、どこから出現したのでしょうか?
今から1億5000年前の地球は恐竜時代でした。体長が1,5メートルもあるティラノザウルスが天下をとっていましたが、その恐竜時代が終わりを告げるのが、約7500万年前です。

動物学者のL・H・コルバートは、それから3500万年後の、4000万年前に出現した「ミアキス」が現在の食肉目に分類される哺乳類のルーツだとしています。ミアキスは、木の上で生活していた猫くらいの大きさの小動物だといわれており、このミアキスからいくつかの系統に分化し、約2600万年前にトマークタスが生まれました。

このトマークタスがオオカミ、コヨーテ、キツネなどに進化され、現在の野生動物の形になっているのです。犬の祖先はどこから生じたのかといえば、約4000万年前に出現した、現在のオオカミにたどり着くわけですね。では、犬はいつ人間のもとに来たのでしょうか。人間が犬の飼育を始めたのは、今から5万年前にさかのぼります。

紀元前2万年頃の旧石器時代後期には、現在と同じような飼い方をしていたようです。それ以前、人間とオオカミのテリトリーは、かなり接近していました。
オオカミにとって、人間の残した食料は魅力的であり、また人間の方は、オオカミを一種神秘的な能力を備えた存在として、他の動物よりも一目置いていました。なぜかというと、オオカミは夜になって危険が迫ると、実に素早い反応を示して人間に知らせ、難敵を追っ払ってくれました。
つまり、人間とオオカミは利害が一致することが多かったのです。
そして犬の祖先となるオオカミは人間に慣れ始め、人間はオオカミに仕事を与えるようになりました。
人間がオオカミを自分の群れの仲間に加えて、ともに狩猟するようになるまでには、数万年という長い時間が必要だったということになります。
参考URL:おうちだワン

うちの店です。
室内犬・子犬専門店おうちだワン

ランキングぽちっとして頂けると嬉しいです。
★おはようだワン

★こんにちだワン
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ペットショップへ
★こんばんだワン
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:実用・役に立つ話 - ジャンル:趣味・実用

14 : 42 : 04 | ※過去のログ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<ミニピン産まれました。 | ホーム | 母の日>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://ouchidawan.blog40.fc2.com/tb.php/36-73897b74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。