スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル
2013 / 03 / 20 ( Wed )
キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル
16~18世紀の肖像画には小さなスパニエルが多く残されており、その一つがキャバリア・キング・チャールズ・スパニエルの系統です。トイドッグらしくとても優しい性格をしていて、遊び好きです。
外交的で知的で、いつまでも若々しいイメージです。
トレーニングもしやすく、子供や他のペットとも問題なくやっていけます。
性格上は、全く手のかからない犬種といえます。
飼育上の問題点を強いて挙げれば、肥満体質ということです。
食事と運動のバランスが崩れると、すぐに太ります。
特に老犬になり、運動量が減ってきた時は要注意です。
年齢を重ねてからの肥満は、体にかなりの負担になり、様々な障害が出てきます。
栄養の偏りから皮膚疾患を発症したり、重い体重のために膝蓋骨に異常が出る場合があります。
また、ソフトで軽いウェーブがかかっている被毛なので、もつれないように毎日のブラッシングの手入れが必要です。
スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:本・雑誌

14 : 57 : 32 | 2.犬の雑学 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<ウエルシュ・コーギー・ペンブローク | ホーム | オールド・イングリッシュ・シープドッグ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://ouchidawan.blog40.fc2.com/tb.php/169-c97ee08e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。